革命的なまつ毛育毛剤ケアプロスト

ケアプロストは緑内障の治療薬だった

まつげの増毛・育毛に絶大な効果が期待できるケアプロストですが、もともとケアプロストに含まれるビマトプロストは緑内障の治療薬として使われているものです。緑内障には目の中の水分(房水)が増えて眼圧が高くなってしまう症状があるのですが、この症状を抑えて房水の量を調整するために開発された成分がビマトプロストです。ところが実際にこの成分を点眼した緑内障患者の方に「まつげが伸びた・増えた」という副作用が報告され、ビマトプロストがまつげの育毛にも効果を示すということが臨床実験により発覚・証明されました。このことからケアプロストがまつげ美容液としても販売されるようになり、個人輸入で安く購入できることも可能になりました。とはいえ、もともとは緑内障の治療の為の点眼剤であり医薬品なので、副作用が起こる場合もあります。
副作用としてよく見られる症状には目の充血・かゆみやまぶたの黒ずみ・色素沈着・かぶれなどがあります。ケアプロストを使用しても失明などの大きな副作用はありませんが、充血やかゆみなどを引き起こさない為にも使用する際には目に入らないよう、専用のアプリケーターや先の細い綿棒などを使って量をつけすぎないように注意しましょう。目元の皮膚や粘膜は非常にデリケートです。まつげ育毛を目的としてケアプロストを使用する場合、まつげの根元に少量つけるだけで十分効果はあるのでまぶたに滲まないよう、少量を少しずつ丁寧に塗っていきましょう。これで目元の黒ずみや色素沈着も最小限に防ぐことができます。黒ずみや色素沈着の場合は使用を中止することで消えていくので、気になり始めたら様子を見ながら日にちを空けるなどの調整をしましょう。